さくらの森 サプリ選びコツ




※「めなり」は弊社のDHAサプリメント「きなり」の愛用者様2,767人のお声を基に作られたアイケアサプリです。
「めなり」は圧倒的なコストパフォーマンスで高スペック、低価格を実現しました。
徹底的にこだわり、アイケアに特化したサプリメントです。





※累計40000人以上のモニターに為していただいて、
様々な実感の声を頂いた究極のDHAサプリメント「きなり」 DHAは健康に良いだけでなく、
「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」は ダイエットに良いという内容が放送されました。



「DHA」・「EPA」サプリメント選びのコツは?

■サプリメントを選ぶときのポイントは「DHA」と「EPA」の配合量をチェック!

生活習慣病の予防のため、日々、健康管理には気をつけて行きたいものです。
近年、健康維持・向上のためのサプリメントが注目され、ドラッグストアやネットショッピングなどでお手軽に購入することができるようになりました。

中でも中高年の方から高い支持を集め、人気があるのが「DHA」や「EPA」を配合したサプリメントです。
ですが、いろいろなメーカーから商品が発売されているため、「どれを選んだらいいのか?」「何が違うのか?」と悩んでしまう方が多いのが現状です。

「値段が安いから」とか「聞いたことのある商品名」だからと言って、安易に選んでしまうのはいけません。
簡単に購入できるからこそ、良く比較検討して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

ここでは、健康のため失敗しないサプリメント選びのコツをご紹介していきます。

「DHA」・「EPA」サプリメントを選ぶときには、その配合量をチェックすることが大事です。
中には「DHA配合!!」と記載かあるにもかかわらず、実際はごく少量しか配合させていなかったり、原料が明記されていないなどの酷い商品の可能性もあります。

なので、必ず確認しなければいけないのは、どのような成分がどれくらい配合されているのかという点です。
間違って粗悪品を購入しないためにも、そのサプリメントの「DHA」と「EPA」の配合量・成分量を確認するようにして下さい。

「DHA」・「EPA」のどちらか片方だけが多いサプリメントよりも、バランスよく配合されている方が、それぞれの相乗効果が生まれてより高い効果が期待できます。
もう一点の確認しておきたいのが、1日の成分摂取量です。

サプリメント1日の目安量でどのくらいの成分が摂取できるのか。
厚生労働省が推奨する摂取量は1日あたり1000mgとされています。

ですので、サプリメント「DHA」と「EPA」の合計が300mgが超えていれば、健康に有効な価値のあるいいサプリメントだと判断して良いと言えるでしょう。



「DHA」・「EPA」サプリメントは配合量だけでなく品質の確認も要チェック

■酸化しやすい成分なので、酸化防止成分もチェックしましょう!

「DHA」・「EPA」サプリメントは、一度飲んだだけですぐに効果を実感できるような即効性はありません。
日常生活の一部として、毎日忘れずに長く飲み続けてゆっくりゆっくりとその効果が現れ、実感できるものです。

一時的な医薬品とは異なり、“長期間、ルーティンとして飲み続ける”それが「DHA」・「EPA」サプリメントの効果をより実感できる条件となります。
なので、安全性や品質にも注目して安心して長く続けられるものを選ぶことようにして下さい。

では、何を基準に「安全性・品質」を選べばいいのか?
簡単なチェックポイントは、使われている原料や製造過程・方法です。

・原料が曖昧でなくはっきりとしているか
・衛生面などの管理体制はしっかり行き届いているか
・品質管理規格に合格しているか

など、公式サイトや商品パンフレットでしっかりと確認することを忘れずに!

先にご説明の通り、「DHA」・「EPA」サプリメントは長く飲み続けなければ意味がありません。
高品質でも価格が高いと、購入をためらってしまう原因になってしまいます。

お試しコースやお得な定期コース、返金保証制度など、ユーザーにとっていろいろな購入方法や特典があるのかもチェックして、商品選びの判断材料の一つにしましょう。

最後に「DHA」・「EPA」サプリメントを選ぶときの大事なポイントをもう一つ。
それは、「酸化防止成分」です。

「DHA」や「EPA」は油なので、どうしても酸化しやすくなっています。
成分が酸化・劣化してしまうと、当然、本来に効果が期待できなくなってしまうので、ビタミンEやアスタキサンチンといった抗酸化作用がある成分(酸化防止成分)
を一緒に配合している商品がほとんどです。

どのような酸化防止成分が配合されているのかも確認するようにしましょう!